注文住宅について

返済がネックで離婚できない!住宅ローンはどうなるの?という疑問を分かりやすく解説

共働き世帯なら、夫婦で住宅ローンを返済するのが一般的です。

しかし、離婚によって、その計画が崩れてしまうこともあります。

とはいえ、家を建てたときは夫婦の絆がいつまでも続くと考えるので、離婚した場合のローンの返済計画なんて、立てないですよね。

  • 「離婚した場合の住宅ローンはどうなるの?」
  • 「ローンが残っていても家は売れるの?」
  • 「離婚後も子供と家に住み続けたいけど、トラブルの危険はあるの?」

離婚を考え始めてから、こういった不安に頭を悩ませている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、夫婦が離婚してしまった場合の住宅ローンについて考えてみましょう。

住宅ローンも折半?財産分与の対象になるの?

夫婦が婚姻中に協力して築いた財産は、離婚時に分け合うことになります。

これを「財産分与」といいます。

当然、不動産も財産分与の対象です。

しかし、借金であるローンは、財産分与の対象にはなりません。

なぜなら、住宅ローンには、銀行が関わっているからです。

例えば、銀行が、債務者である夫の返済能力を信用して、お金を貸したとします。

それが、離婚したからといって、債務能力の低い妻に変更されると困りますよね。

そのため、住宅ローンは、折半にはなりません。

もともとの住宅ローンの名義人である、債務者が返済し続けることになります。

 

離婚したら住宅ローンはどうなるの?

離婚後は、家を売却するか、売却せずに住み続けるかの2つの選択肢があります。

1.家を売却する場合

住宅を売ることで、ローンの負担が軽くなります。

また、思い出の残る住宅を売ることで、新たなスタートを切ることができます。

そのため、家を売って、どちらも新しい住居で生活する夫婦は多いです。

アンダーローンの場合

家を売却したお金で、残りの住宅ローンを完済できる場合を「アンダーローン」といいます。

売買の手数料などを差し引いてもプラスの場合は、財産分与を行います。

財産分与は、原則2分の1ずつ行います。

ただし、このようにプラスが出るのは稀なケースです。

オーバーローンの場合

築年数が経過している住宅は、資産価値がほとんどありません。

家を売買しても、住宅ローンを完済できない場合が多いです。

これを「オーバーローン」といいます。

オーバーローンの場合は、返済額の足りない分を、貯金などで補うことになります。

もしも、補いきれない場合は、通常の売却はできません。

どうしても売却したい場合は、「任意売却」という方法をとることになります。

その場合、金融機関の了承が必要なので、相談してみましょう。

2.家に住み続ける場合

一方、売却せずに、どちらか一方が住宅に住み続ける夫婦もいます。

名義人が住み続ける場合

ローンの名義人が、そのまま住み続ける場合です。

完全な単独名義であれば問題はないでしょう。

しかし、一方が連帯保証人となっている場合は、注意が必要です。

例えば、夫が債務者で、妻が連帯保証人の場合、夫の返済が滞れば、妻に支払い命令が下るからです。

名義人でない人が住み続ける場合

ローンの名義人でない方が、家に住み続ける場合です。

例えば、妻が家に住み続け、夫がローンを払い続ける場合が考えられます。

ただし、夫は自分が住まない家の借金を引き受けることになります。

すると返済のモチベーションは、ダダ下がりですよね。

そのため、夫の返済が滞り、競売にかけられ、強制退去になるリスクがあります。

名義人を変更して住み続ける場合

ローンの名義を、家に住み続ける方に変更する場合です。

例えば、夫が名義人なところを、妻に変更する場合が考えられます。

ただし、変更は簡単には認められません。

妻に安定した経済力がある場合でないと、難しいと言えるでしょう。

 

共有名義での連帯債務者や連帯保証人の場合トラブル多め

夫婦で連帯債務者や連帯保証人になっている場合は、離婚をしようとするとトラブルの危険性が高いです。

先ほど確認したように、一方がローンを滞納したり、自己破産したりして、返済できなくなった場合、もう一方に支払いの義務があるからです。

しかし、だからといって、連帯保証人を抜けることは難しいです。

銀行が承諾してくれないからです。

そういった場合は、次のような解決策があります。

ポイント

  • ローンを一括返済する
  • 住宅ローンを乗り換えて単独名義にする
  • 代わりの連帯保証人を立てる(親戚など)

とはいえ、これは簡単な話ではないでしょう。

離婚前に、返済に関する厳密なシミュレーションと話し合いを行うことが重要です。

また、離婚後も夫婦でコンタクトを取り、支払い状況を確認するなど、返済が滞らないように対策を取りましょう。

まとめ

住宅ローンは離婚しても、ローンの名義人に返済義務があります。

たとえ家を出ても、返済を続ける必要があります。

また、ローンを組むときに、連帯債務者や連帯保証人になっていた場合は要注意です。

債務者の返済が滞ったときに、返済義務が発生します。

あまり楽しい話ではありませんが、離婚前に返済に関して、しっかり話し合っておくべきでしょう。

対面打合せが無駄でしかないことを知っていますか?

色々なメーカーを調べていくと、どんどん分からなくなってきますよね。

「もう実際に話を聞いてこようか・・・?」

そう思っているなら赤信号です。

営業の話を聞いて回るのはハッキリ言って時間の無駄。

複数社からの一括請求が一番です。

>タウンライフ家づくり無料一括見積もりです。

無料で、信頼できるHM/工務店各社がなんでもやってくれます。

  • 土地探し
  • 資金計画書の作成
  • 間取りプラン提案

わざわざ住宅展示場や営業所まで赴いたり、営業を家に呼んだり。

不要不急の外出や接触を控えるべき今は特にそう言えるでしょう。

最初のプランや見積もりを何時間もかけて作るなんて時代錯誤です。

一括請求で簡単比較。

便利に使って良い家を建てましょう!

タウンライフ家づくり一括請求

誰しもダメ会社に施工してもらいたくはないですよね。一度に複数社を比較することで簡単にあぶりだせます。提案力と対応の良い会社を選んで良い家を建てましょう。

サイト運営者の米陀(よねだ)です

2017年に大和ハウスXEVOΣ(ジーヴォシグマ)で注文住宅を建てた米陀 @trendsmaniaです。

悩みに悩んで建てたものの、建てた後から見えた失敗や後悔ポイントをもとに、よりよい家づくりの知識についてまとめていきます。

参考:実際に大和ハウスで注文住宅を建てた流れの体験談と感想まとめ

-注文住宅について
-, ,

Copyright© 失敗しない注文住宅ハウスメーカー選びポイントガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.